1.jpg

2022年4月、市場は大きな変化を迎えます。

​現在の市場区分から「プライム」「スタンダード」「グロース」の3市場へ再編され、従来よりも厳しい基準のもと企業はふるいにかけられる事になります。

6.jpg
7.jpg

現在、一般的な企業が銘柄として上場する現物株の取引市場は、企業規模が小さい銘柄で構成され参加する投資家も限定される「TOKYO PRO Market」(プロマーケット)を除いて、本則市場される「東証1部」、「東証2部」、そして一般的に成長過程にある新興企業で構成される「マザーズ」と「ジャスダック」の4市場に分類されています。

このうちジャスダックは一定の事業規模と実績を有する成長企業の「スタンダード」、成長可能性に富む企業で構成される「グロース」に分類されています。

しかし2022年4月に、東証1部銘柄で構成される「プライム」、東証2部とジャスダック・スタンダード銘柄を主体に構成する「スタンダード」、マザーズとジャスダック・グロース銘柄をメーンに構成する「グロース」の3市場に集約する市場再編が予定されています。

8.jpg

1年後の話とは言えど、本年6月には移行基準日を迎える事から、あと2ヶ月ほどの間に各上場企業は市場再編へ向けた取り組みを進めねばなりません。

4月7日には東証が、市場区分の再編に係る「第三次制度改正事項」のパブリックコメントを公表。基準が示された事でいよいよ本格的な動き出しが見込まれる中、この再編の影響で、株価を「今すぐにでも上げておかなければならない」企業がございます。

2.jpg

新市場再編に伴い、上場基準に関しても現行ルールに比べるとより厳しいルールが適用される予定です。

流通株式数の見直しや新たな経過措置が設けられたことで今回ご紹介する

小型株は有望な材料があるにも関わらず、上昇基準に引っ掛かる事になりました。

このまま移行基準日が到来すると、東証からお達しが届き、最悪の場合は上場廃止となりうる為、現状を打開し上場を維持する為にはあらゆる策を講じて6月までに現在の株価を1.5倍以上に上昇させる必要があります。

・・・この株価を絶対に上げざるをえない状況を

利用して利益を獲得する為に

ご用意したのが「今回の銘柄」です。

市場ではこれまでも“上場維持が目的と見られる売買”が盛んに行われてきました。

しかし多くのケースでは財務状況が悪く、上場廃止リスクの方が高い銘柄であった為、ご提案するには不相応であると見送りになってきましたが、今回は状況が異なります。

今回は状況が異なります。

大きなルール変更によりやむなく抵触してしまったので、

企業としての評価余地は大きく安全を確保しつつ利益を取りにいけると判断しご提供を決定致しました。

安全を確保しつつ利益を取りにいける

3.jpg

さらに​、上場維持を巡る売買を利用する最大のメリットは単に株価を上げるだけでなく、基準日まで値を保ち続けなければならないことにあります。

企業が上場維持を希望する限りは基準日当日まで値崩れの心配が必要ございませんので、売却タイミングを逃すことなく利益確定を進めて頂けるでしょう。

9.jpg

しかも、今回の銘柄は上場企業の中では、ごく僅かな企業しか持たない非常に急騰しやすい性質を持ちます。

公開初日から含み益が得られるだけのポテンシャルがございますので、より大きく利益を掴んでいただく為には公開直後にお買付け頂くことをお勧め致します。

なお、売却時期は6月中を見込んでいますが、非常に急騰しやすい銘柄なので予定よりも早く株価1.5倍以上まで値を上げている可能性がございます。

先にお伝えしたとおり、移行基準日までは値を保ち続けることが予想されますので、一度利益を確定した後に下げる場面があれば、再度買い直ししていただくことで複数回に渡って利益を得ていただけるでしょう。

銘柄公開は4月30日(金)12時40分頃を予定していますので、ご参加頂く際はこの時間帯にお時間を作って頂ければ幸いです。

1.jpg

ご提供銘柄数

1銘柄

取り組み期間

2021年6月いっぱいのご保有

目標値幅

株価1.5倍以上

必要資金

10万円以上

一度利益を確定した後に下げる場面があれば、

再度買い直ししていただくことで

複数回に渡って利益を得ていただけるでしょう。

お受け取り料金の詳細は下記よりご確認下さい。

5.jpg