©2019 by INSIDE. Proudly created

投資クラブ『INSIDE』

『特例入会招待状』のご案内

​Special invitation

長らくお待たせ致しました。

 

 


これまでもご案内差し上げておりました通り

悪質投資顧問のアドバイス不足による被害を被った

個人投資家の救済を依頼されて、
この度「5名のみ」のメンバー募集を

非公式にて行う事が決定致しております。

これより先は重要な内容となってまいりますので
記載された内容の情報漏洩にはお気を頂くとともに、
一文たりとも読み飛ばしなく、

お申込みに進んで頂きますようお願い申し上げます。

株式投資に携わる者なら忘れる事のない

2018年12月

アメリカ市場を筆頭に全世界の総投げによる

大暴落に見舞われました。

 

東京株式市場でも世界的な株安の流れを受けて12月3日の高値22698円から12月26日の安値18984円までの暴落となりました。

 

これまで頑強な値動きを続けていた銘柄についても片っ端から売り叩かれる展開に陥り、

個人投資家の追い証(追加担保の差し入れ)

発生に伴う投げ売りも誘発。

 

東証1部だけではなく、個人投資家の土俵である新興市場も弱気一色に支配され、東証マザーズ指数は一時2年10ヵ月ぶりとなる800を割り込みました。

 

 


これまで急落すれば押し目買いを実行し、利益を得ていた投資家達すべてが刈られた瞬間だったのです。
 

 世界経済の崩壊が 

囁かれた瞬間‥‥

そんな中、

今ネット上にある投資顧問を使った

個人投資家にも悲劇が訪れました。

「絶好の買い場到来」

「ナンピンして下さい」

「これだけ下げれば簡単に2倍取れます」

「テンバガー銘柄が超割安になっています」

2018年12月、誰がどう見ても暴落相場であるにも関わらず

毎週のように情報料金を請求して推奨銘柄は買いの一点張り。

無責任に次から次へと損失を生み出したのです。

適当な助言を鵜呑みにし大惨事

買い!

たしかに

暴落は買いで出動しなければいけない時があります。

 

しかし、

根本的な世界的ファンダメンタルズと、

売りを仕掛けた世界的ヘッジファンドがどこなのか?

これらの情報が掴めていないと、

どれだけ売られるか

どこまで売られるかが分からず

致命傷を負ってしまいます。

こういった本当の投資本質を分かっていない悪質投資顧問の行ったアドバイスにより、

年末には顧客の追証が大量発生及び資産が激減したとのデータを入手。

そのうえ、ほぼ全ての投資顧問が「地合いが悪いから」の一言で片付けてしまったのです。

 

『INSIDE』がプロとしての仕事を遂行出来ているのには、運営側で自社資金を運用しているという点があります(2019年利益率+1311%)


 

メンバーの方からは一切の費用を頂いていないので自社資金で大きな損を出せば当然の事ながら運営は出来ません。

 

 

それは同時にメンバーの方にも損失を出させてしまっているという事ですので信頼も失ってしまいます。

 

 

そんなプレッシャーの中で戦うからこそ、結果を出し続ける事ができ、積み重なった結果が実績という形で残っています。

 

とくに2018年12月は世の中のほとんどのトレーダーが損失を出した月ですが、その中で、メンバーの方にも『プロの仕事』を見せつける事になり、2019年はその収支増ペースを記録的に上げていった記念すべき年となりました。

2019年 利益率+1311%

2018年 利益率+1002%

2017年 利益率+2503%

2016年 利益率+1252%

2015年 利益率+892%

2014年 利益率+1577

少々前の話ではありますが、

誰もが苦しんだ2018年12月
『INSIDE』の売買履歴を公開します。

2018年11月中旬

その時点ではメンバーの方々に「キャッシュ100%」を徹底アドバイスし続けていましたが、

米国系ヘッジファンド情報・トップシークレット情報・テクニカルなどを徹底分析。

 

その結果、2018年12月初旬

 

有り余ったキャッシュ達を大きく動き出すことを決断。

その投資スタイルこそが

 

指数系(先物・(1570)日経レバETF・東証1部大型株)売り

一部の個別銘柄買い

その唯一買い指示を出した個別銘柄こそが、あの相場の中で急騰した

タカギセイコー(4242)です。

12月4日に2400円~2500円で買い指示。

「この株を買い占めるつもりで」

と強気買い指示。

見事に我々の分析は当たり、

暴落相場で唯一の買いポジションが

「赤札銘柄」となったのです。

 

そして、全体相場を見守りながら

12月7日の4200円~4270円で

全株利益確定を指示。

+74.2%の利益達成

12月4日に2400円~2500円で買い指示

+74.2%利益達成

タカギセイコー(4242)

タカギセイコー(4242)の利益確定に成功した我々は、

無理にポジションを取る事なく次の機会を狙っていました。

しかし、全体のボリュームを見てもまだ売り相場が続くと予想。

 

あくまで『チャンスがあれば1本買い』に徹しました。

その結果、12月に短期参戦した個別銘柄は、


12月14日参戦・低位株のジャパンディスプレイ(6740)

+34%達成


12月25日参戦・上場したばかりのEDULAB(4427)

+31%達成

​18年の難しい相場において、買いで参戦したのは上記3銘柄。

つまり、資金が集まっている銘柄を見極める事に成功したのです

その一方で日経平均先物や東証1部大型株

などの動向も見守っていました。

 

12月初旬から売っていた

先物や東証1部大型株については・・・

とある情報筋からの12月10日速報の中で

『米国のモメンタム系ファンドが

アルゴリズムを使用し、

市場を破壊する程の売り崩しが行われる』

との記載があり、完全放置する事を決意。

年末高という期待と、2018年は諦めたという

気持ちが市場内で交錯する中で我々は2019年までは売りが止まらないと判断し、

放置し続けたのです。

売りポジション+19%の利益達成

日経平均先物売り

12月4日に先物・東証1部大型株売り指示

+19.2%利益達成

上記が『INSIDE』の

退場続出となった18年12月に取った我々の答えです。

あくまで簡潔に書いていますが、メンバーの方には毎日のフォローアップで詳細をお伝えしています。

そして

ここからが本題です

誰もが苦しんだ2018年後半の利益を自慢して終わりではありません。

これまでのご説明のとおり、今回、あなたを含む「5名」の新しいメンバー様には、

この12月の大幅利益達成の指揮を取った『INSIDE』トップチームである

「プロフェッショナリストチーム」を配属させて頂く事となっています。


一番責任が重いと言われる自社資金運用に携わるチームであるが故、

このプロフェッショナリストチームがメンバー様を担当する事は緊急事態以外では稀。

2019年、大幅利益獲得の指揮を取った彼らプロフェッショナルの

手法・銘柄・全てをご堪能頂けるよう準備致しました。

何度も書いたように『INSIDE』では、

自社資金を腕のあるトレーダーが運用していますが、

圧倒的な結果を出し続けているのがこの土屋です。

未だ無敗。連続で利益率ナンバーワン、利益率は+1159%

 

自社資金運用部門

無敗の連続利益率ナンバーワントレーダー

土屋(32歳)

宇佐美(51歳)

世界の重要人物との人脈を持つ

『INSIDE』取締役

『INSIDE』コンプライアンス兼取締役的立場。

『INSIDE』の指揮を取る1人。元米国系大手投資銀行ファンドマネージャー・元国内大手ファンドマネージャー・元外資系ファンド代表取締役。世界中の投資銀行・クオンツファンド・ヘッジファンドなどの大手機関の動きなどを入手する事が可能。

日経新聞、ブルームバーグにも精通。

 

ビッグデータ

スペシャリスト

全ての情報を収集、担当メンバー様の全てデータを解析し、絶妙のタイミングで上記2名(土屋・宇佐美)に提供する

『INSIDE』最強の裏方。

海外指数・海外ニュース・国内指数・国内ニュース・メンバー様の維持率・余力・提供銘柄の推移など資産に関わる

全ての最新情報を管理。

 

佐々木(27歳)

「プロフェッショナリストチーム」のご紹介

ご覧のように

完璧なチーム体制を整えて

S級クラスの席をご準備致しております。

 

まず一発目の銘柄でリアルに+80%を

これだけ『INSIDE』の実績に関わる内容を公開しても、

今まで騙された事もあって『INSIDE』に対して疑いを持ってしまうのは仕方ありません。

 

治療が必要だと思っています。

 

したがって
投資顧問会社が毎週行うキャンペーンのように達成する見込みも根拠もない2倍・3倍銘柄より、

まずは『INSIDE』で確実性の高い+80%利益を取ってみてはいかがですか?

相場も銘柄も生きています。

 

ただ相場は生きています。

そして銘柄も生きています。

銘柄紹介の準備が出来た時点でこうした

『特例入会招待状』をお送りしています。

今回は悪質投資顧問のアドバイス不足による

被害を被った個人投資家の救済企画。

『INSIDE』は、現在メンバー募集を行っておりませんが、

特別に「あなたを含む5名のみ」に扉を開けた状態です。

5名に対する5枠募集ですので、今のところ申込期日などの取り決めはありません。

 

一発目に準備した+80%銘柄

今この銘柄を買う事が、これ以上ない絶妙なタイミングだと

プロ達が判断したことを考慮していただき、

早めにご入会のお申し込みを済ませて頂ければ幸いです。
 

まずは明確な方向性をメンバーの方に示します。ただ、相場に100%がないように、時に見誤ってしまう事もあるでしょう。

自分達の見方に誤りがあれば素直に認め、即座に軌道修正に転じます。

 

この数分、数秒の判断を間違えると

更なる損失を出してしまいます。

『INSIDE』の中で常に徹底している事は、午前9時から午後3時という決められた

時間の中で出来る最高のパフォーマンス、その上で翌日に向けての最良のパフォーマンスをメンバーの方に指示する事。

 

これが出来てこそプロだと考えています。

 

投資クラブ『INSIDE』​

我々プロは決して

相場のせいにしません。