©2019 by INSIDE. Proudly created

# T O P  S E C R E T #

まずはじめに、当ご案内に際しましては、

多くの事柄を秘密裏とさせざる得ない

事情があることを予めご了承ください。

今回の情報入手元は、この業界でも一目をおかれる情報通。
ただし、彼が誰であるかは絶対に明かせません。

メンバー様も余計な詮索はせず、
必ずご自身の胸の内だけに留める事を約束して下さい。

 

それほどの重要性を秘めた投資案件だという事をご理解の上、
このまま読み進めて頂けますと幸いです。

極秘契約情報

# T o p  S e c r e t  C o n t r a c t

メンバー様に1つお伺いします。

これから「業務提携」「株式公開買付け」を行う予定の銘柄を
インサイダー取引に抵触することなく買い付けられるとすれば、
もちろん買い付けたいと思いませんか?

 

 

 

 

答えが「YES」ならこのまま聞いて下さい。

​SCROLL

「今、ROE重視で業務提携による資本異動が活発になっています」

金融庁と東京証券取引所が「コーポレートガバナンス・コード」を取りまとめ、上場企業に対して収益力や資本効率の改善などを求めた結果、今や4割以上の上場企業がROE(自己資本利益率、ROE=純利益/自己資本)の

向上を経営指標に掲げるようになりました。

ROEを高めるには、分子である純利益を増加させるか、分母である自己資本を減らす必要があります。地道に売り上げを増やしたり、各種費用の削減を積み重ねたりして、純利益を増やすという方法が王道ですが、

成熟産業ではそれも簡単ではありません。

そのため、

「業務提携」や「株式公開買付け」で

事業分野を拡大したり

自己株を買い付け・消却することで

自己資本を減らす方が

っ取り早い

との考えから、
今「業務提携」や「株式公開買付け」を行う企業が
急増しているという訳です。

ならばこうした情報をいち早く入手し、私ども情報会社を通して会員様へ安全にお渡しすれば、その会員様は間違いなく利益を確定させられます。

特に公開買い付けや第三者割当増資の場合、買い付け(割当)価格にはプレミアムが乗せられるのが一般的。その後は買い付け(割当)価格にサヤ寄せする形で株価はぐんぐん上昇することが通例となっているからです。

ただ、そのような情報の入手が本当に可能なのか?

YES

その答えはもちろん

だと申し上げられます。

業務提携や公開買い付けを行おうとすると、複雑な手続きを経る必要があるため、関与する人数がどうしても多くなってしまいます。

また、提携や買い付けの合意から公表までの期間も長くなることも多く、その分、その情報は近しい間柄の人間や関係者の手に多く渡る傾向があるためです。
 

つまり、

近しい

関係者と繋がることで

このような

情報を入手することは

​決して不可能ではない。

ということ。
事実、弊社にもこうした情報は入ってきます。

ただ、今回のご案内が原因で他所に情報元の素性が割れたとなれば
弊社も極めて貴重な情報入手先を失ってしまう事になります。

 

この投資案件は提供を望む会員様が後を絶ちませんので、
それだけは絶対に避けなければなりません。

 

本情報の全貌を細部までお伝えする事は、その秘匿性からも
非常に厳しいと言えます。

しかし、以上の事柄が指し示す通り
極秘契約情報』に予定された

未来

​それは・・・

“急騰”

それ以上でも

それ以下でもありません。

ただその一点のみ。

精度に関しましてはこれまでとは一線を画す、
想像以上の成果をお約束致します。

ただし、申し訳御座いませんが上述の事情があるが故に
これ以上のご説明をさせて頂く事が出来ません。

私どもも有り余る魅力をお伝えし切れない事がもどかしくさえ感じます。
しかし、これだけはハッキリと申し上げられます。

銘柄を買い付けて、メンバー様の手元には

巨額の利益

が舞い込んでいることでしょう。

# T o p  S e c r e t  C o n t r a c t

極秘契約情報

こちらの銘柄情報の閲覧希望の方はお問合せから「銘柄希望」とお送りください。

お問合せ