買いエネルギーはenish【3667】オーバー

絶対上方修正銘柄

あ ら ゆ る 懸 念 材 料 を 無 視

こちらの銘柄情報の閲覧希望の方はお問合せから「銘柄希望」とお送りください。

8月相場は好業績や好材料を発表した有望株でさえも売られてしまう、個人投資家には非常に困難な相場が続きました。

ご承知の通り、日経平均株価はこの様相。

7月22日~8月27日の推移

連日全面安の展開をみせる相場を傍目に強烈な上昇をみせた個別株は・・・

enish【3667】

連日逆行高で株価2倍超

7月30日に発表した19年12月期第2四半期決算は“赤字幅拡大”。通常、大きく売られてしまうような業績ですが、同社株は決算発表後、値を上げ続ける展開に。

既に確定した業績よりも今後に控える新作ゲームの期待が上回った結果、買いを集めました。

軟調相場に加え、「決算発表で上がるはずがない」と見込み、空売りを仕掛けていた投資家たちは大慌てで買い戻すこととなり、さらに相場は過熱

売られる懸念材料はもう出尽くした=これからは上がるだけ

という投資家心理と先高期待の大きな材料により見事な逆行高を見せる展開となりました。

相場状況だけではなく、懸念材料までも飲み込む、誰もが手にしたい、正に最も強いタイプの銘柄と言えるでしょう。
※最も強いタイプの銘柄は当社判断となり、その取引結果について保証するものではありません。

一部の会員様に動意づき直前にご提供したことで、しっかりと値幅を取っていただくことが可能でした。

今回ご提供する絶対上方修正銘柄もenish同様、最も強いタイプの銘柄ですが、当然、それだけではございません・・・

足元ではこの時のenishをも超える

買いエネルギーを溜めに溜めています。

さらに上方修正銘柄となればどうでしょう…

上方修正とは

多くの上場企業は、投資に対する公平性の観点から、今後の売上や利益に関する業績予想を投資家に向けて発表しています。

業績予想は決算発表と同時にされることが多くなりますが、当初の予想から一定以上の

乖離がある場合には、業績予想の修正を開示することが求められています。

 

具体的には、「売上高で10%以上の増減があった場合」もしくは「営業利益・経常利益・当期純利益で30%以上の増減があった場合」には、業績予想・修正の開示が義務付けられています。

 

業績予想・修正のうちプラスに修正されるものが「上方修正」

もうおわかりですよね?

8月~9月初旬は閑散相場が続いていたことから、安いところで仕込んでいたただけるため、値幅を狙えるチャンスです。

懸念材料は既に出尽くしとみられており、下値は限定的だと判断。より早く、より値幅が獲りやすい状況なわけです。

直近で話題を集めつつある先高期待が大きい材料
有しているので提供後、即動意づくことが見込んでおり、
1か月前後で株価2倍超は狙えると踏んでいます。

材料さえ評価されてしまえば、米中通商交渉の不透明感などあらゆる懸念材料を完全無視する、圧倒的な上昇をみせてくれることでしょう。

また、無双銘柄を自信を持ってご案内できる理由は銘柄の魅力だけではありません。上記enishだけにとどまらず、提供銘柄が絶好調だからです!!

当然、今回の「絶対上方修正銘柄」でもご期待に応える準備はできています。

重要なことなので二度お伝え致しますが、enishをも上回る買いエネルギーが溜まりに溜まっています!ご提供まで楽しみにお待ちください。

こちらの銘柄情報の閲覧希望の方はお問合せから「銘柄希望」とお送りください。

お問合せ

©2019 by INSIDE. Proudly created